スポンサーリンク

YouTube見ながらじゃないとご飯を食べない!辞めれた方法を紹介!

スポンサーリンク
育児の悩み
スポンサーリンク

YouTubeを見ながらじゃないとご飯を食べなくて仕方なく見せているけど、せっかくの家族団らんの食事時間なのに…っていう悩みがずーっとありました。

YouTubeを消すと泣き叫んでご飯を一切拒否。

大粒の涙を流しながら泣き叫ぶ姿をみて、可哀想になりYouTubeをつけてしまう自分がいました。

やっぱりYouTubeを見ながらご飯を食べるのを辞めてほしい!と思いから5つのことを試してみました。

辞めれた方法

  • YouTubeを一切見せない
  • ご飯時はテレビを布等で隠す
  • 一緒に料理をする
  • 明るさを調整する
  • 音楽を流す

本文ではもっと詳しく説明していきますね!

こちらの記事もよく読まれています↓↓

YouTubeの時間制限!テレビや対策などを紹介!

スポンサーリンク

YouTube見ながらじゃないとご飯を食べない!

YouTubeを見ながらじゃないとご飯を食べない子は一定数います。

特に食に興味がない子や食が細い子がYouTubeを見ながらご飯を食べることが多い傾向にあるみたいです。

ご飯を食べないと寝る前にお菓子を欲しがったり、低血糖が心配でついついYouTubeに頼ってしまう。

YouTubeに頼らなくてもご飯を食べれるようになってほしい!と思いから5つの方法を試し、1か月でYouTubeを見なくてもご飯を食べれるようになりました!

YouTubeを一切見せない

YouTubeを一切見せない。

一番最初にこの方法をとりました。1日中見せなかったので正直きつかったです。

メリット

一番早くYouTubeを見ながらご飯を食べることを辞めさせることができる

公園等にいってテレビがない環境を作ることで、テレビがないのでYouTubeを見たいとも言わず、一日を過ごすことができました。

テレビがない環境、YouTubeがない環境をつくることで一番早くYouTubeを見ながらご飯を食べることを辞めさせることができますが親の負担は大きいです。

デメリット

家事時間の確保が難しい

慣れるまではグズグズ

親の負担が大きい

ご飯を食べない期間がある

家事をしようとしてもYouTubeがないので「遊んで遊んで」とついてきていつもの3倍くらい家事時間がかかりました。

そしてYouTube依存の娘はYouTubeが見たいと泣き叫び、抱っこしたり、お菓子をあげながら紛らすも、泣き叫ぶ娘。

その日は一日のほとんど泣いてたり、ぐずぐずで親の私もどっと疲れました。

またYouTubeを見せていないのでご飯はあまり食べません。

でも小児科の先生に「一日くらい食べなくても平気」という言葉をかけてもらったので「お腹すいたら食べるよね~」と気楽な気持ちでいることで食べないストレスを減らすことができます。

ご飯時はテレビを布等で隠す

YouTubeを一切見せないのは家事が進まないので、ご飯時のみテレビを布等で隠す方法もやってみました。

最初は布を外したりしてしまいましたが「テレビさん、ねんねしたいんだって!」など声掛けをすることで理解できる日もありました。

ただ、機嫌が悪い日などはこの方法は通用しないことも多かったです。

一緒に料理をする

一緒に料理をすることで食に興味をもってくれるようになり、娘が関わった料理のみ食べてくれるようになりました!

メリット

知育になる

食に興味が出る

YouTubeやテレビを見せる時間が減る

一緒に料理することで、料理中にYouTubeやテレビをつけなくてもいいですし、知育にもなってこの方法はとても我が家にはあっていたなと思います。

デメリット

親の負担がある

時間がかかる

心の余裕が必要

一緒に料理するのはとても時間もかかりますし、手間もかかります。

汚されたり、こぼされたりして、ついつい怒ってしまうことも…。

怒ってしまうと子どももやる気をなくしてしまうので心の余裕が必要になります。

我が家では時間と心の余裕があるときは一から娘と料理をし、時間も心の余裕もないときは野菜を洗ってもらったり、ドレッシングをかけるだけのお手伝いをしてもらっています。

炊飯器からどんぶりにご飯を移して、どんぶりから娘の好きな量だけとってもらう作業でも十分に効果がありました。

明るさを調整する

スマホやテレビは明るさの調整ができるのでご飯時間などは明るさを調整してYouTubeは流れているけど見えないように設定をしました。

子どもに「これ見えないよ!」と言われても「なんで見えないのかな?壊れたのかも!!」と演技をしてごまかせます。

ただこの方法はスマホを使いこなせている子どもは自分で調整できるのであまり効果がない方法です。

音楽を流す

YouTubeやテレビではなく、音楽を流すことも効果がありました。

大人でも無音や生活音だけの空間が苦手な人も多いですよね。

日頃、常にYouTubeやテレビがついていたので親の私も娘も無音の空間が苦手でした。

YouTubeやテレビの代わりに音楽を流すことで無音の空間ではなくなり、お互いストレスが減ったように感じます。

音楽だけなので会話を邪魔されることなく、楽しく食事時間をつくることができました。

我が家では知育要素もかねてくもんのうた200えほんのCDを流すことが多いです。

くもんのうた200えほん&CDセット

価格は少し高いですが、たくさんの童謡が入っているのでとても重宝しています。

英語育児をしている方はこちらのCD付絵本もあります↓↓

CD2枚付 頭のいい子が育つ 英語のうた45選 [ 新星出版社編集部 ]

コメント

タイトルとURLをコピーしました